星野、目をつぶって。 三巻を読んで、殴られた。正面から思い切り殴りつけられた。とてつもない衝撃を受けた。

二巻、すごく良かった。とてつもなく良かった。この作品に出会えたことに感謝をした。そうしてこの三巻。二巻で抱いた、抱いてしまったここまでの話をこんなに早くに入れてしまって、以降超えられなくなってしまうのではないかという危惧を一瞬で払拭させてくれた。

とても良い、そしてすばらしいコマをいくつか厳選して引用という形でこの記事に貼り付けたい気持は大きい。だが、それを貼ってしまって余計な先入観は持ってもらいたくない。

この表紙、この松方さんのこの表情を見て、憶えて、「かわいい」という感情だけを抱いて、そこから読んで欲しい。この三巻は松方さんが非常に活き活きと、生きている巻である。

もう三巻。まだ三巻だ。「星野、目をつぶって。」にはKindle版がある。一巻から三巻まで全巻をすぐさま買うことができる。まだ本作を読んでいない人は早く読んでもらいたい。

強くオススメする。